大阪・堺相続遺言相談室 MENU 無料相談実施中

0120-275-706

営業時間 9:00~19:00(平日・土曜)
※事前予約により、日曜日・祝日も相談対応

堺、和泉、泉大津、大阪狭山、高石、忠岡を中心に大阪南部で相続遺言の無料相談

生前対策について

生前対策で老後の不安解消

ご自身の財産の相続先やご自身の死後の事務手続き等について、不安をお持ちの方は少なくないと思います。このような将来に関するご不安に対して備える法的な対策を“生前対策”と言います。

お元気なうちに行える生前対策はいくつかありますので、こちらでは、遺産相続死後の事務手続きなど、生前対策について堺・和泉・泉大津・大阪狭山の皆様にご紹介したいと思います。

生前対策で認知症によるトラブル回避<財産管理委任契約

現代の日本は高齢化社会となり、認知症を罹患する方が増えているのが現状です。堺・和泉・泉大津・大阪狭山の皆様はご自身が認知症となってしまった場合、ご自身の財産管理や法律行為はどうしたらいいのかご不安になられたことはありませんか。

まず、認知症を発症すると判断能力が乏しくなり物事の良し悪しの区別も難しくなるため、法律行為を行うことは困難となります。また、親族が勝手に財産を使い込んだというトラブルや、親切を装った犯罪行為も少なくありません。

このような財産トラブルを回避するために、ご自身がお元気で判断能力がしっかりとしているうちに第三者と“財産管理委任契約”を結び、第三者に財産管理を委託する“生前対策”があります。

財産管理委任契約についてはこちら

死後の事務手続き<死後事務委任契約

死後の事務手続きとは主に、病院への支払い、役所への各種手続き、葬儀、供養の手続きなどのことを言います。この死後の手続きは親族が行うことがほとんどですが、すべての方にご遺族がいらっしゃるとは限りません。

身よりのない方や事情があって親族に依頼できないという方がご自身の死後の事務手続きを依頼する場合は「死後事務委任契約」が有効です。「死後事務委任契約」は、ご自身の死後の事務手続きを第三者である専門家に託すための契約です。

死後事務委任契約」は身寄りがなく、お一人で最期を迎える方が増えている現代社会において注目されている生前対策です。

死後事務委任契約についてはこちら

遺言書

「遺言書」は所有する財産について、誰に、何を相続させるかを法的に決めることができる唯一の手段です。その効果は遺言書を遺す遺言者の方が亡くなってからになります。

遺言書について詳しく見る

遺言書の作成サポート

家族信託

「家族信託」とは、ご自身の財産(預貯金や不動産等)を信頼のある家族に託し、その管理方法や処分方法についても決めることができる財産管理の契約です。この信託契約は、自身の希望に沿った内容を個別に設計できることが大きな特徴で、その効果は生前から発生させることができます。

家族信託をもっと知りたい

家族信託サポートプラン

昨今では、生前対策についてメディアでも頻繁に取り上げられるようになり、生前対策を検討される方が増えています。大阪・堺相続遺言相談室では、堺・和泉・泉大津・大阪狭山の地域事情に詳しい相続の専門家が、堺・和泉・泉大津・大阪狭山の皆様の生前対策に関するお悩みに対し親身になってお手伝いをさせて頂いております。

生前対策のみならず、相続全般に関してお困りの皆様は、大阪・堺相続遺言相談室の初回無料相談をご利用ください。堺・和泉・泉大津・大阪狭山の皆様からのご連絡をスタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

大阪・堺東相続遺言相談室

行政書士辻井法務事務所は、堺の専門家です

0120-275-706

大阪・堺東相続遺言相談室

行政書士辻井法務事務所は、堺の専門家です

0120-275-706

営業時間 9:00~19:00(平日・土曜)
※事前予約により、日曜日・祝日も相談対応

メールでの
お問い合わせはこちら

堺、和泉、泉大津、大阪狭山、高石、忠岡を中心に大阪南部エリアにお住まいの方は、お気軽にご相談下さい。