大阪・堺相続遺言相談室 MENU 無料相談実施中

0120-275-706

営業時間 9:00~19:00(平日・土曜)
※事前予約により、日曜日・祝日も相談対応

堺、和泉、泉大津、大阪狭山、高石、忠岡を中心に大阪南部で相続遺言の無料相談

家庭裁判所での
相続に関連する手続き

相続手続きを行うにあたって、相続放棄や成年後見人の申し立てなど、家庭裁判所を介する手続きが必要となることもあります。家庭裁判所が関係する手続きは相続において重要なものが多く専門的な知識を要します。相続放棄や限定承認の申述などは期限が定められており、過ぎてしまうと申述が出来なくなってしまうため、注意しましょう。

家庭裁判所にて行う相続に関する手続きの例

期限が定められているもの

相続放棄

相続放棄とは亡くなった被相続人の財産と負債の全ての相続権を放棄することをいい、法的に認められた相続方法の一つです。相続放棄をするときは相続人が相続の開始があったことを知ってから(通常は被相続人が亡くなってから)3ヶ月以内に家庭裁判所へ申述します。

限定承認

限定承認とは、相続によって引き継ぐプラスの財産の額を上限として、マイナスの財産を相続する相続の方法です。限定承認の際には相続人全員が共同して行います。家庭裁判所への申述の期限は相続放棄と同じく、相続人が相続の開始があったことを知ってから(通常は被相続人が亡くなってから)3ヶ月以内です。

その他の手続き例

成年後見人の選任

成年後見人は、認知症や精神上の障害により判断能力が不十分な方がいる場合、遺産分割協議などの相続手続きを本人に代わって進めることができます。家庭裁判所へ申し立てをし、選任されます。

特別代理人選任

相続人に未成年者が含まれる場合、特別代理人が相続手続きを代行します。通常、未成年者が法律行為を行う際には親権者が代理人となりますが、相続においては親権者と利益相反関係にあたることがあるため、その場合特別代理人を選任してもらいます。

相続財産管理人の選任

相続人が不明もしくは相続人が存在しない際、被相続人の遺産を管理する人を選任してもらいます。

不在者財産管理人選任

相続人に行方不明者が含まれる場合には、不在者財産管理人を選任してもらい、その人が行方不明者の財産管理を行います。

遺産分割調停

遺産分割の話し合いが長引いて、まとまらない場合には遺産分割調停を申し立てることで、調停委員が当事者双方の意見や言い分を聞き、解決方法を提案してくれます。

遺言執行者の選任

遺言執行者とは遺言書の内容に沿って各種相続手続きを行う人のことをいいます。遺言書に遺言執行者の指定がない場合や、指定された遺言執行者が死亡している場合には利害関係人が申し立てることによって遺言執行者を選任してもらうことが出来ます。

大阪・堺相続遺言相談室は地域密着型で、思いやりをもって接することを心がけております。堺・和泉・泉大津・大阪狭山市近郊にお住まい、または堺・和泉・泉大津・大阪狭山市近郊にお勤めの皆様の相続についてのご相談は、初回ご相談無料の、大阪・堺相続遺言相談室へお気軽にお問い合わせください。万が一トラブルに発展してしまうと手続きの期限にも間に合わなくなる可能性もあります。お客様の様々な疑問や不安点、難しい専門用語など些細なことでも構いません。大阪・堺相続遺言相談室は堺・和泉・泉大津・大阪狭山の皆様のために、相続の経験豊富で、堺・和泉・泉大津・大阪狭山の地域事情にも詳しい専門家が親身になってお話をおうかがいさせていただきます。皆様のご相談を所員一同心よりお待ちしております。

大阪・堺東相続遺言相談室

行政書士辻井法務事務所は、堺の専門家です

0120-275-706

大阪・堺東相続遺言相談室

行政書士辻井法務事務所は、堺の専門家です

0120-275-706

営業時間 9:00~19:00(平日・土曜)
※事前予約により、日曜日・祝日も相談対応

メールでの
お問い合わせはこちら

堺、和泉、泉大津、大阪狭山、高石、忠岡を中心に大阪南部エリアにお住まいの方は、お気軽にご相談下さい。