大阪・堺相続遺言相談室 MENU 無料相談実施中

0120-275-706

営業時間 9:00~19:00(平日・土曜)
※事前予約により、日曜日・祝日も相談対応

堺、和泉、泉大津、大阪狭山、高石、忠岡を中心に大阪南部で相続遺言の無料相談

相続関係説明図の作成

被相続人が亡くなり相続手続きが開始したら、相続人を確定するため、早急に被相続人の出生から亡くなるまでの全戸籍を取り寄せます。全戸籍の収集には被相続人が生前籍を置いた全地域の役場に問い合わせることになります。集めた戸籍を確認し、相続人が確定したら被相続人と相続人の関係を分かりやすく図にした相続関係説明図に起こします。相続関係説明図とは、被相続人や相続人の続柄、生年月日、死亡年月日などを記載した家系図のような表です。その後の遺産分割協議を円滑に進めるため、この相続関係説明図が重要となります。

相続関係説明図作成の際の必要書類

  • 被相続人の出生から死亡までの全ての戸籍・除籍謄本・改製原戸籍
  • 被相続人の最後の住所地がわかる書類(住民除票、戸籍の附票)
  • 相続人全員の現在の戸籍
  • 相続人全員の住民票

書式について

相続関係説明図を作成する際に、縦書き、手書きなど決められた書式はありませんが、誰が見てもわかるよう丁寧に読みやすく作成しましょう。お亡くなりになった方の戸籍によっては、インクが薄れ、紙が劣化している手書きの古い戸籍である場合があります。そのような戸籍は内容を理解するのに時間が掛かることが多く、その後の手続きに影響が出る可能性があります。相続手続きに関するお悩みがある方は、相続を専門とする専門家に相談されることをお勧めします。

大阪・堺東相続遺言相談室

行政書士辻井法務事務所は、堺の専門家です

0120-275-706

大阪・堺東相続遺言相談室

行政書士辻井法務事務所は、堺の専門家です

0120-275-706

営業時間 9:00~19:00(平日・土曜)
※事前予約により、日曜日・祝日も相談対応

メールでの
お問い合わせはこちら

堺、和泉、泉大津、大阪狭山、高石、忠岡を中心に大阪南部エリアにお住まいの方は、お気軽にご相談下さい。